2007年06月25日

着きました

取り急ぎご報告。
やれやれ。



飛行機の飛行時間は8時間44分でした。
予定よりも20分早く到着しました。

機内食はパスタにしたのですが、フォークで巻くとぶちぶち切れるアメリカンなパスタでした。成田で仕入れているはずなのに・・・(T-T)

寝るためにワインを飲んでさっさかと寝ました。

起きたら朝ご飯にアメリカンソーセージとオムレツとハッシュドポテトを頂きました。このあといつ食べられるかわからないので、食っときました。

SFOに着く前にI-94を渡されたのですが、ペンを持っていなくて書けませんでした。しょうがないので審査場で並ぶ前に書いていたら、ほぼ最後尾。

でも、留学生にはなんだかフレンドリーでした。
そんなもの?

ま、日本人だしね。

時間かかって出てきた割にはまだターンテーブルには全部の荷物は出ておりませんで、しょうがなく呆然と待っていると、職員のおねーさんがビーグル犬を連れてやってきました。なんと、旅客の荷物をチェックさせているではないですか!

匂い判別の使役犬はジャーマン・シェパードのイメージが強かったのでびっくりです。ビーグルさんのシャツには
"Save Our Agriculture"
と書いてありまして、先の記事のコメントでmayunさんがご指摘して下さったように検疫をしているようでした。

手荷物バッグの中まで犬に覗き込まれているヒトもいました。

検疫がすんだらあっさり外です。

Santa Cruz までは Airpoter と呼ばれるシャトルバスを使おうと思ったのですが、建物のなかにはチケットブースも案内もありません。

建物の外にでて、Taxiなどの並びにあるAirportersと書かれた案内のところで待っているとやってきます。

使ったのは Santa Cruz Airpoter というバスなのですが、こいつに日本からは予約が取れなかったので飛び込みで乗ろうともくろんでおりました。

やってきたバスの運ちゃんに
「席開いてますか?予約がいると思ったんだけど」
ときいたら、
「予約?ぜーんぜんいりません」
と(英語で)言われました。

SFOからはいらないそうですよ、みなさん!

会社のURLはこちら。
スケジュールは見ておいた方が良いです。2時間置きの運行です。

Santa Cruz Airpoter LLC
http://www.santacruzairporter.net/


しかし、他のターミナルをまわって、さらに San Jose の空港をまわったらいっぱいになりました。(それでも詰めれば座れますけど)

小さなバスですが運ちゃんががんがんとばします。ちょっとびっくりです。バスがガタピシ言います。でも、とばしてました。公共交通で恐かったのは南京で乗った長距離バス以来です。

フリーウェイでSanta Cruz に入ると、まずはUCSCにまわりました。わたしゃ知らなかったのですが、このバスは近所まで送ってくれるのです。しかもUCSCのヒトが多いようで、まずキャンパス内に入りました。

結局、乗客の半分はUCSCの人でした。

この街はUCSCでもっているんでしょーか?

そんなわけで、バスに乗れなかったらどうしようかと、CaltrainやMetrobusの時刻表まで打ち出していったのに、えらいことあっさりと到着できたのでした。

でも、予想道理に昼は食べられませんでした。うっかりしていたら学食の夕飯の時間を逃してしまいたのですが、こちらは知り合った女の子に買い物ついでに買ってきてもらい食べられました。

UCSCさん、せめて自動販売機をおいてください。水ぐらいかいたいでつ。
posted by べーさん at 06:50| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

出発です

:

UAの尾翼のデザインはお洒落にリニューアルした模様。



ANAでe-チケットで購入したところ、Webでチェックインができました。空港ではボーディングパスの受け取りと荷物の預け入れを行います。手間は同じようですが、早めに座席を押さえられるところが売りみたいですよ。

https://www.ana.co.jp/

機内持ち込みは液体の持ち込み制限が面倒です。
一つの容器が100ml以下でないといけません。内容物が100mlより少なくても、容器が100ml越えだとアウトだそうです。ジェル、エアゾル、クリーム状のものもこの制限にひっかかるそうです。

薬はこの制限にあたらないそうで助かりました。(アトピー性皮膚炎の塗り薬がデカイのさ・・・orz)



さて、ANAでとったチケットですが、運行はUAなのでUAの便名でUAでチェックインでした。ANAの便名もついているのですが、そちらは通じませんでした。

空港では手荷物検査とイミグレーションががらあきで全く並ばずに通れました。

そのさきでワタクシが見たものは、

07062402.jpg

なんすか、この名前は・・・orz

今回はゲートで座席が決まると言われまして、ゲートで座席を決めてもらったところEeconomyからEconomy plus というランクにアップグレードしてもらえました。椅子の前が Economy より広いのだそうです。

ゲートでなぜか荷物検査とボディーチェックされました。持ち込み荷物が多いせいなのか、アメリカ人じゃないからなのか?謎でござんした。



コメントでmayunさんからのご指摘で検疫じゃないのか?というお話がありましたが(さすがです)、どちらかというとセキュリティチェックだと思われます。

フィリピンは昔からアメリカ便だけはゲート前の待ち合いコーナーが区切られていて、そこに入るのにボディーチェックと荷物検査がありました。

日本でもそうなるとは思っていなかったのでビックリしました。

今回は全員がチェックされていたわけではなかったので、わたくしのパソコン系大荷物が問題だったのだと思いマスです。機内持ち込みは少ない方がスムーズかもしれません。
posted by べーさん at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

寝具が必要

UCSCの寮に何を持っていく必要があるのかというリストがありまして、これを見てみると、

Bedding (blankets, pillows, pillow cases,extra long twin sheets)

とあります。

これまで行ったウィーン大学のサマースクールもスペースアカデミーも寝具は貸してくれたので、これにちょっと動揺しました。

これはパーマネントの学生用のアナウンスなのか?
サマースクールでもモッテコイと言うのかよく判りませんよ。

そこで問い合わせてみたら、

「寝具に限らず、必要なものは全部持ってきてね♪」

とお返事が来ました。

じゃあ、先に郵送で送っちゃっていいのかしらん?ときいてみたら、

「送っていいけど、メールボックスは夕方の四時までしか引き出しが出来なくて、週末はクローズよ♪」

と、帰ってきました。
君らの指定した入寮日は日曜ダッツウノ・・・orz

ところで寝具ですが、シーツのサイズは
extra long twin sheets
ですってよ。

ななんじゃらほいと思ったら、普通のtwinより5"長いんですってさ。
39" x 80" だそうです。

大学の寮で使われる特殊サイズだそうで、
College Dorm Size という名前でも販売されているようです。

日本ではまずないサイズの様なのですが、とりあえずシングルのカバーが100cm x 200 cm なので、これを持っていってとりあえずをしのごうかなあ。
posted by べーさん at 08:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

Late Arrival

SFOに飛行機が着くのがお昼になったので、UCSCに四時までにつけるか微妙になりました。

寮に時間までに入ってくれないとキャンセルしちゃうよ!と注意書きが来てたので、「間に合わないかも」とメールしたら、「遅れてきたらどうしたらいいかインストラクションを置いておくから大丈夫」と返ってきました。契約書は厳しいけど、実体は意外といいかげんなのね。

次なる問題は寝具を持っていく必要があるかどうかなんですが、どうなんでしょうか?ウィーンのサマースクールも、スペースキャンプもいらなかったんだけどなあ。
posted by べーさん at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

飛行機を押さえました

本日、飛行機のチケットを買いました。
支払いの関係で6月の会計につけたかったのですが、そのためにギリギリまで待っていたら、朝早く到着する便は割引チケットが埋まってしまいました。
しょうがないのでお昼着の便です。

入寮時間に間に合うか不安なのデスが、SFOからSatnta Cluzへの直行バスがあると教えてもらって一安心。

でも、やはり入寮時間にまにあわないようなので、遅刻申請をしなくちゃいけないようです。とほほ。
posted by べーさん at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

学費支払い終了

UCSCのアカウント管理画面で支払い残高が0になりました。UCSC側が学費入金を確認したわけです。これで大学へのお支払いは完了です。マジで行けますよ。

ばざーい。
posted by べーさん at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

日程を考える

UCSCの寮には6/24の16:00まで入らなくちゃいけないのだが、ANAの便だとSFO到着が10:30だ。

Santa CruzへはGrayhound Busが一番簡単なのだが、これだと乗れるのは12:30発。到着が15:20。

入寮時間に間に合わない・・・。

Grayhoud Busの時刻表検索
http://www.greyhound.com/scripts/en/TicketCenter/Step3.asp

他の交通手段がこちらで紹介されています。
検討中。

http://www.geocities.jp/santa_cruz_2005/page011.html

カルトレインでサンノゼに行っても結構ぎりぎりです。
やはり一泊か?

あ、他のキャリアの便をさがせばいいのか?

Late Arrivalのアレンジメントを大学とすれば遅く入ってもいいようです。飛行機が決まったら交渉しなきゃ。ん?逆か?
posted by べーさん at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学費納入

借金のめどが立った(ダンナありがとう(-人-))ので、残っていた学費の支払いをオンラインで行いました。

これで大学に支払うお金は全部入れました。

あとは飛行機と生活費です。
がんばって稼がにゃ〜。

UCSCは支払い状況が大学のWebサイトで確認できるのでとてもラクチン、かつ安心です。Haousingの支払いもAcceptされていました。

今日のアメリカ時間の営業時間内に残りの要支払い残高が$0-になりますよーに。
posted by べーさん at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

Housing

寮の申し込みをオンラインでして、書類をプリントアウトしました。これを14日以内に向こうのHousing Office に支払いとともに届けなくてはいけません。

クレジットカードの支払いにして、書類を本日発送しました。EMSで1,200円。四日かかります。

Science Illustrationのクラスはキャンパスではなくて町中のエクステンションで行われそうな気配が濃厚なのですが、夏の学生には町中の寮は提供されないのでちとこまる。4Kmぐらい離れているという噂なんですけど・・・。
posted by べーさん at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

Housing systemへの登録

Summer Session の学生はHousing System に個別にで登録してもらわないと System にログイン出来ません。希望者は直にHousingにメールでお願いするそうです。

メールが届くとすぐに処理してくれました。

さて、次は寮を申し込まねば・・・。
posted by べーさん at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。