2007年07月28日

授業9回目、10回目

07072601.jpg

最終課題のドードー鳥の復元図。

Summer Session には難しすぎるとは思ったのですが、指導をもらえるのも今だけなのでがんばってみました。

出来上がりの絵はひどい出来でしたが、いろいろ悩んだ行程はとても勉強になりました。

帰ったら判ったことを反映させて、
もう一度描きますよ!( ̄‥ ̄)=3



Science Illustration in Color(が正式名称だと最終日にしりましたよ・・・orz)では、9回目の授業は最終課題の製作日、10回目は講評と今後の勉強の仕方についての質疑応答でした。

最終課題の絵はパースの狂いがどうしても直せないまますすめたので、どうにも出来上がりが納得がいかなくて(あたりまえですがな)、提出の前夜はほんとうに気分が悪くなって、寝ましたとも。

でも、できないところをどうすればいいか先生に教えてもらうのにはよいチャンスじゃないかと思い直して授業へ行きました。

結果としては非常に前向きな気持ちで授業を追われました。先生のモチベーションを維持させる指導力とはすごいもんです。

今後の話にはみんな興味津々でした。

一年コースはめちゃめちゃハードらしいですが、合格率が倍率3ー4倍だそうです。

自分で勉強するには、GNSIが提供するワークショップがよいみたいです。年中どこかで誰かがワークショップをやっているそうです。

それは素晴らしい。



スケッチのクラスは最後の課題はスケッチをもとにそれが何モノかをあてるもの。9回目の授業で本を調べたりして正体を探すことになっていたのですが、ワタクシはキャンパスで道に落ちていた毛虫にしたので、本では見つかりませんでした。

結局、インターネットで正体を発見しましたよ。

この課題で男子学生の一人が子供の頃からずっと持っているという化石の一部を課題に使ってました。イルカの類ではないかというところまではいったのですが、それ以上はわからず・・・。

Marinbiologyをとっている他の学生や先生から専門家を紹介してもらってました。

「そのスケッチを持っていけば、使ってもらえるかもしれない」
というコメントも先生からでていましたよ。

イラストレーターのニーズが非常に身近にあるのだなあと実感させられました。

そういえば同じクラスには、夫が研究者で彼が論文に必要な絵を描くので習いにきた、という人が2人もいました。

クラスに参加している現役の学生たちは、動植物の種類に詳しい人が多くてそれも印象的でした。

Ntural Science をここまで身近に感じたのは初めてかもしれません。文化の違いを如実に感じる日々でございました。

そういえば、日本でNatural Scienceを意識したのって学部のときだけだなあ。
posted by べーさん at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | SCIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。